2012年10月25日

食欲ってなんだよ???


今日は、『 食欲 』 についてです。

先日のブログでも書いたのですが、

現在、『 ダイエット 』 をしています。

ダイエットしているうちに、食欲をコントロールすることのむずかしさに直面しました。


そこで、食欲ってそもそもなんだんだ???と思い、


にわか勉強を試みました(笑)。


というわけで、今日は、食欲がどのように制御されているかについての、

これまでの研究の歴史の一部を紹介しようと思います。




ところで、みなさんは毎日、食べるものを正確にどんなものとどれだけの量食べたか、

把握して食べているでしょうか??

おそらく、そんなことはなく、あいまいに、だいたいで食べていると思います。



だとすればです、人はどんどん太ったり、痩せたりすることがあるはずです。


でも、多くの人は、普通に食生活をしていれば、体重の増減は大きくはないと思います。


むしろ、体重が大きく変化したということは、病気である可能性の方が高いことを経験的に知っているわけです。



つまり、私たちは、適当に食事しているのに、体重はだいたい一定に保たれる わけです。


この仕組みは一体どうなっているのでしょうか??


これを理解することで、逆に体重が増えたり減ったりするメカニズムが分かってくるのではないでしょうか。


ーーー*

過去の研究をいくつか紹介したいと思います。


1900年前半の話です。


当時、脳機能の実験は、マウスなど実験動物の脳の一部を破壊して、どんな変化が起こるかを調べる という手法が一般的でした。


その中で、脳のある部分を壊すと、食欲が増したり、、

また別の部分を壊すと、食欲が減るというマウスになることが発見されました。


その壊した部分というのが、いわゆる、満腹中枢摂食中枢 です。


満腹中枢は、もう満腹だと宣言するところで、その宣言で、食欲がなくなります。


摂食中枢は、おなかが減ったと騒ぐところで、食欲を掻き立てる役割があります。


(正式名は、満腹中枢は、視床下部の腹内側核、摂食中枢は、視床下部の外側野 です)


この二つの中枢のバランスで食欲は制御されているのです。


では、これらの二つの中枢はどのように制御されているのでしょうか?


これを次回書こうと思います。



posted by Apo at 18:00| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。